主要な農薬業界のPRグループCBIが終了します。 GMO AnswersがCropLifeに移行

印刷物 メールアドレス シェアする ツイートする

主要な広報イニシアチブ、バイオテクノロジー情報評議会(CBI)が発足 XNUMX年前 農薬会社をリードして、GMOと農薬を受け入れるように国民を説得することにより、閉鎖されました。 広報担当者は、CBIが「2019年末に解散し、GMOアンサープラットフォームを含むその資産がベルギーのクロップライフインターナショナルに譲渡された」ことをメールで確認しました。

GMOAnswers.comからの以前の開示

CBIは、業界の見解とフロントグループを、 Facebookページ。 その 主力プロジェクトGMO Answers、GMOと農薬を宣伝するために学者の声を増幅するマーケティングキャンペーンは、現在、その資金は農薬会社の国際貿易グループであるCropLifeから提供されていると述べています。

GMOAnswers.com ウェブサイトは今説明します、「2020年現在、GMOAnswersはCropLifeInternationalのプログラムです。」 このウェブサイトには、「BASF、バイエル、ダウアグロサイエンス、デュポン、モンサントカンパニー、シンジェンタをメンバーとするバイオテクノロジー情報評議会が作成したキャンペーンとして」のグループの歴史も記されています。

の活動の詳細については、新しいファクトシートを参照してください バイオテクノロジー情報評議会とGMO Answers

「サードパーティのスポークスパーソンのトレーニング」

税務記録によると、CBIは28年から2014年にかけて、製品防衛活動に2019万ドル以上を費やしました。 (納税フォームとその他の補足文書はこちらに掲載されています.)

税務フォームは、「サードパーティ」の同盟国、特に学者、栄養士、農民が世界最大の農薬および種子会社の製品防衛活動において果たす重要な役割を強調しています。 CBIの広告申込情報 2015納税フォーム 北米で1.4万ドルを費やしたことについて、次のように述べています。 メキシコでは、税務フォームに、CBIが「学生、農民、学者のためのメディアトレーニングと会議を主催」し、GMOの「受け入れを強化するために生産者グループ、学界、食物連鎖と提携した」と記されています。 CBIはまた、「規制に関するポリシーブリーフを作成しましたators。」

14年以来2013万ドルを超えるCBIの最大の費用は、 ケッチャム広報会社 GMO Answersを実行します。これは、農薬業界と関係のある「独立した」専門家の声と内容を促進します。 GMO Answersは業界の資金提供を開示していますが、 活動は透明ではありませんでした.

CBIが資金提供した他のグループには、Global Farmer'sNetworkと アカデミックレビュー、一連のを組織した非営利団体 一流大学の「ブートキャンプ」 科学者とジャーナリストがGMOと農薬を宣伝し、ロビー活動を行うようにトレーニングする。

CBIも 子供のぬりえと活動の本を作りました バイオテクノロジーに関する業界の視点を促進する。 の 本のリンク、およびCBIが作成したWhyBiotech.comのWebサイトも、麻由来のカンナビノイドの製造業者と販売業者の業界団体にリダイレクトされています。

バックストーリー:GMOに関する世論の形成

  CBIの裏話を解説 2001年、PRovokeの創設者である広報業界アナリスト、Paul Holmes(以前のHolmes Report)は、1999年に、XNUMXつの主要な農薬/種子会社とその業界団体が「連合として協力し、業界主導の広報プログラムを開発」しました。 「食品バイオテクノロジーに関する世論と公共政策形成を形作る」 ホームズは、CBIは「食品の「連鎖」全体にわたって同盟を築き、食品バイオテクノロジーのメリットを促進することに焦点を当てる」と述べた。

「キャンペーンは、バイオテクノロジー食品の広範なテストを強調することにより、バイオテクノロジー食品が安全ではないという批判に対抗します」および「一般市民からの質問や懸念に答え、バイオテクノロジーの反対者による誤報や「恐怖戦術」に対応するように構成されます」とホームズは述べた。 彼はその情報が「バイオテクノロジー業界だけでなく、さまざまな学術的、科学的、政府的、そして独立したサードパーティの情報源を通じて」公開されると説明した。

CBIのXNUMX年の進化は、農薬/ GMO業界における権力の統合も強調しています。 創業 CBIのメンバーは BASF、ダウケミカル、デュポン、モンサント、ノバルティス、ゼネカAg製品、アベンティスクロップサイエンス、アメリカ作物保護協会(現CropLife)、BIO。

その後、XNUMX社はXNUMX社に合併しました。アベンティスとモンサントは バイエルンの; ダウケミカルとデュポンはダウ/デュポンになり、農業事業を分離して コルテバアグリサイエンス; NovartisとZenica(後にAstraと合併)は、 シンジェンタ (後にChemChinaも買収)。 ながら BASF 重要な買収 バイエルの資産.

詳しくは

CBIファクトシート

GMO Answersファクトシート

アカデミックレビューファクトシート

米国の知るべき権利からのより多くのファクトシート: 農薬業界の宣伝ネットワークの追跡

US Right to Knowは、非営利の調査研究グループであり、食品および化学業界の強力な関心が私たちが食べたり子供に与えたりする食品に与える影響を明らかにするための画期的な調査を行っています。