公衆衛生のために真実と透明性を追求する

ベッキー・モリソン、研究者、米国の知る権利

Becky Morrisonは、米国の食品システムの透明性と説明責任に取り組んでいる非営利の公益、消費者、公衆衛生の研究グループであるUS Right toKnowの研究者です。 ソーダと砂糖業界の研究プロジェクトの背後にいる調査員として、ベッキーは、より健康的で透明性の高いフードシステムを提唱する豊富な経験を持っています。 ニューヨーク大学の食品研究修士プログラムを2016年に卒業した彼女の仕事は、子供への食品マーケティングを抑制し、特に砂糖入り飲料からの食事関連疾患を減らすことを目的とした法的および政策戦略に焦点を当てています。 USRTKに入社する前は、消費者詐欺局のニューヨーク州司法長官事務所に勤務し、子供を対象とした製品の潜在的に欺瞞的なマーケティングを調査しました。 彼女はまた、ニューヨーク市議会議員のベン・カロスの食品政策フェローを務めました。

元シェフ兼ケータリング担当のベッキーは、今でも熱心な家庭料理人です。 彼女は夫とXNUMX歳の息子と一緒にニューヨークのブルックリンに住んでいます。

ベッキーに連絡する: becky@usrtk.org
TwitterでBeckyをフォロー: あずきっく

ニュースレターを購読する。 受信トレイで毎週更新を取得します。