中国の科学者たちは、致命的なコロナウイルスの名前を中国から遠ざけるために変更しようとしました

印刷物 メールアドレス シェアする ツイートする

COVID-19のパンデミックの初期には、中国政府に所属する科学者のグループが、正式な命名に影響を与えることにより、コロナウイルスを中国から遠ざけようとしました。 ウイルスが中国の武漢で最初に検出されたという事実にうなずいて、科学者たちは、ウイルスが「武漢コロナウイルス」または「武漢肺炎」として知られるようになるのではないかと恐れていると述べた。 取得したメール 米国の知る権利ショーによる。

電子メールは、中国政府によって行われた情報戦争の初期の前線を明らかにしています 物語を形作るために 新規コロナウイルスの起源について。

ウイルスの命名は「中国人にとって重要な問題」であり、武漢の住民を「非難し侮辱する」と述べたウイルスへの言及は、2020年XNUMX月からの通信で述べられています。

具体的には、中国の科学者たちは、ウイルスに割り当てられた正式な技術名である「重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)」は、「覚えにくい」だけでなく、「本当に誤解を招く」ものであると主張しました。中国で発生した2003年のSARS-CoV発生に対する新しいウイルス。

このウイルスは、国際ウイルス分類委員会(ICTV)のコロナウイルス研究グループ(CSG)によって命名されました。

名前の変更を主導した武漢ウイルス研究所の上級科学者ZhengliShi 努力、ノースカロライナ大学のウイルス学者ラルフ・バリックへの電子メールに、SARS-CoV-2という名前で「中国のウイルス学者の間で激しい議論」が記載されています。

武漢大学生物医科学部の元学部長であり、名前変更提案の共著者であるDeyin Guoは、 書いた CSGメンバーに対して、「最初の発見を含むウイルス学者との命名決定についての協議に失敗したことを原文のまま]中国本土からのウイルスと病気の最初の記述者の」。

「XNUMXつの病気に基づくウイルスの名前(SARS-CoVなど)を使用して、同じ種に属するが非常に異なる特性を持つ他のすべての天然ウイルスに名前を付けることは適切ではありません」と彼は自分に代わって送信された通信で書いています。他のXNUMX人の中国人科学者。

このグループは、別名「伝染性急性呼吸器コロナウイルス(TARS-CoV)」を提案しました。 別の選択肢は「ヒト急性呼吸器コロナウイルス(HARS-CoV)」である可能性があると彼らは述べた。

提案された名前の変更を詳述する電子メールスレッドは、CSG議長のJohnZiebuhrに書かれました。

通信は、ジーブールが中国のグループの論理に同意しなかったことを示しています。 彼は、「SARS-CoV-2という名前は、このウイルスを、かつてこのプロトタイプの命名に影響を与えた病気ではなく、この種のプロトタイプウイルスを含むこの種の他のウイルス(SARS-CoVまたはSARSr-CoVと呼ばれる)にリンクしています。ほぼ20年前のウイルス。 接尾辞-2は一意の識別子として使用され、SARS-Co V-2がこの種の別の(しかし密接に関連した)ウイルスであることを示しています。」

中国の国営メディア会社CGTN 報告 別の努力 2020年2月、中国のウイルス学者がSARS-CoV-2019の名前をヒトコロナウイルス19(HCoV-XNUMX)に変更しましたが、これもCSGに合格しませんでした。

世界保健機関(WHO)の責任であるエピデミックの原因となるウイルスに名前を付けることは、しばしば 政治的に起訴 分類学的分類の演習。

の以前の発生では H5N1インフルエンザ 中国で発生したウイルスである中国政府は、WHOに、ウイルス名をその歴史や原産地に結び付けない命名法を作成するように促しました。

詳細については:

ノースカロライナ大学のラルフ・バリック教授の電子メールは、米国の知る権利が公記録の要求を通じて入手したものであり、次の場所にあります。 バリックメールバッチ#2:ノースカロライナ大学 (332ページ)

米国の知る権利は、バイオハザード調査のための公記録要求からの文書を投稿しています。 見る: SARS-CoV-2の起源、機能獲得研究の危険性、およびバイオセーフティーラボに関するFOI文書.

背景ページ SARS-CoV-2の起源に関する米国の知る権利に関する調査。