コロラド州のバイオラボはどれくらい安全ですか?

印刷物 メールアドレス シェアする ツイートする

資金提案案 fまたは新しいバイオラボの建設 コロラド州立大学では、コロラド州フォートコリンズにある既存のバイオラボで安全性とセキュリティについて質問しています。

提案案は、CSU内の「老朽化した」インフラストラクチャを置き換えるために国立衛生研究所からの資金提供を求めています ベクター媒介感染症センター、以前は節足動物媒介感染症研究所(AIDL)として知られていました。 センターでは、SARS、ジカ、ニパ、ヘンドラウイルスなどの危険な病原体を用いた感染症実験のために昆虫とコウモリのコロニーを飼育しています。 そこでの生きた病原体実験は、 BSL-3 施設は、研究者が感染して感染が広がるのを防ぐための特別な技術を備えた気密研究所です。

提案の著者(CSUのTonySchountzとGregEbel、およびEcoHealthAllianceの副社長であるJonathanEpstein)は、「私たちの建物のいくつかは、耐用年数をはるかに超えています」と書いています。 彼らは、「雨が降ると漏れる」施設の「急速な劣化」の証拠として、カビやカビが蓄積している写真を添付し​​ています。

この提案はまた、ラボの既存の設計では、感染したコウモリや昆虫の細胞サンプルを「使用前に別の建物に輸送する」必要があることも説明しています。 バイオハザード材料を滅菌する既存のオートクレーブは、「頻繁に誤動作し、今後もそうし続けるという正当な懸念がある」と述べています。

彼らは資金提供の要求をサポートしているので、トラブルは誇張されている可能性があります。 これは、画像付きの資金提供提案からの抜粋です。

この提案はいくつかの疑問を提起します:人命はAIDLの欠陥のある機器とインフラストラクチャから危険にさらされていますか? この不一致は、危険な病原体の偶発的な漏出の可能性を高めますか? 同様に劣化していて安全ではない他のEcoHealthAlliance関連施設が世界中にありますか? たとえば、EcoHealthAllianceが資金提供したWuhanInstitute of Virologyのように、条件は同様に危険でしたか? その研究所 識別されました 可能なソースとして SARS-CoV-2、Covid-19を引き起こすウイルス。

CSUの機関のバイオセーフティ委員会の記録 (IBC)は、公記録の要求を通じて取得され、CSUバイオラボの安全性に関する懸念を強化しているようです。 たとえば、議事録 5月からの2020 CSUの研究者が、実験的に感染した蚊を操作した後、ジカウイルスの感染と症状を獲得したことを示しています。 IBCは次のように述べています。「これは、COVID-19のシャットダウンと変更のために、混沌とした時間の間に検出されなかった蚊に刺された可能性が高いです。」

皮肉なことに、SARS-CoV-2に関する感染症研究の増加は、CSUでのバイオセーフティの失効や事故のリスクを高めた可能性があります。 IBC議事録 の明示的なサポート 「PPE、実験室スペース、人員などのリソースに負担をかけているSARS-CoV-2を含む多数の研究プロジェクトに関して懸念が提起されました。」

バイオハザード調査に関する最新情報を定期的に受け取りたい場合は、次のことができます。 こちらから週刊ニュースレターに登録してください