米国の知る権利がSARS-CoV-2の起源に関する文書について米国務省を訴える

印刷物 メールアドレス シェアする ツイートする

ニュースリリース

即時リリースの場合:30年2020月XNUMX日月曜日
詳細は以下までご連絡ください: ゲイリーラスキン (415)944-7350または サイナス・スリヤナラヤナン

非営利の調査公衆衛生グループである米国の知る権利、 訴訟を提起 今日、情報公開法(FOIA)の規定に違反したとして米国務省に反対しました。

これは、USRTKが新規コロナウイルスSARS-CoV-2の起源について知られていることを明らかにする取り組みの一環として提起したXNUMX回目のFOIA訴訟です。 バイオセーフティーラボのリスク; 潜在的なパンデミック病原体の感染性または致死性を増強することを目的とした機能獲得研究。

カリフォルニア北部地区連邦地方裁判所に提起された本日の訴訟は、中国の武漢ウイルス研究所、武漢疾病管理予防センター、および提携して資金を提供したエコヘルスアライアンスとの、またはそれらに関する国務省の文書と通信を求めています。武漢ウイルス研究所、その他の科目。

新しい訴訟は、5月XNUMX日にUSRTKによって提起された訴訟に続くものです。 国立衛生研究所に対して SARS-CoV-2の起源に関する記録を提供できなかったことについて。 43月以来、USRTKは、SARS-CoV-2の起源、およびバイオセーフティーラボと機能獲得研究のリスクに関する情報を求めるXNUMXの州、連邦、および国際的な公記録要求を提出しています。

SARS-CoV-2は、Covid-19という病気を引き起こすウイルスです。

USRTKの調査の詳細については、「SARS-CoV-2、バイオセーフティーラボ、GOF研究の起源を研究している理由」と「SARS-CoV-2の起源は何ですか? 機能獲得研究のリスクは何ですか?」USRTK調査の他の記事には、「EcoHealth Allianceは、SARS-CoV-2の「自然起源」に関する主要な科学者の声明をまとめました、 ""疑わしいコロナウイルスの起源に関する重要な研究の妥当性; 調査している科学ジャーナル、 ""自然とPLoS病原体は、パンゴリンコロナウイルスをSARS-CoV-2の起源に関連付ける重要な研究の科学的信憑性を調査します。"と"ウイルス起源に関するランセットCOVID-19委員会タスクフォースを率いる利益相反の科学者に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

USRTKは、国務省の訴訟で、PCのCharles M.Tebbutt法律事務所のDanielC。Snyderと、Shute、Mihaly&WeinbergerLLPのLauraBeatonによって代表されています。

US Right to Knowは、公衆衛生の透明性を促進することに焦点を当てた調査研究グループです。 詳細については、を参照してください。 usrtk.org.

-30-